« 31.7→24.5変換アダプター改良 | トップページ | パンスターズ彗星観測 (城ヶ島にて) »

2012年10月14日 (日曜日)

O-Ⅲフィルターの問題点(惑星観測)

O-Ⅲフィルターを取り付ける部分まで、昨日作り、
昨日の夜中、晴れてきたので
早速、木星を見てみた。

しかし、ダメだ、縞模様が薄らいでいる。
どうやら、アイピースの前にフィルターを置く
従来の方法では、このフィルターは使えない。
先日、アイピースの後方に、手で宛がって
見た時は、もの凄く微細な模様まで
はっきり、くっきり見えた。

これは、アイピースの後方にフィルターを
置くように作り替えないと意味がない。
しかし、アイピースの後方に
仮に置けたとしても、今度は
視野がもの凄く狭くなる。

今まで、8倍バローレンズによって
OR25mmで48倍の広角のままで
8倍の384倍にすることで
明るく、シャープで、視野が広いという
願ったり叶ったりの観測ができた訳だが
フィルターの置く位置で、完璧に視野が1/4くらいまで
狭くなってしまう。

これはかなり辛い。

8倍バローレンズは、24.5サイズに
作ったものだから、どの道を通っても
視野の確保は難しい。

と言う事は、O-Ⅲフィルターは
使えないという事になる。。。

あとは、2インチサイズの8倍バローでも
今後作れば話は別になるが、
そんなでかいレンズは、廃物利用で製作するには
ちょっと無いだろうなぁ???
どこかに捨ててないものか?

振り出しに戻ってしまった。
仕方ない、また、考えよう。。。。。。。

|

« 31.7→24.5変換アダプター改良 | トップページ | パンスターズ彗星観測 (城ヶ島にて) »

自作アイピース&自作バローレンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: O-Ⅲフィルターの問題点(惑星観測):

« 31.7→24.5変換アダプター改良 | トップページ | パンスターズ彗星観測 (城ヶ島にて) »