自作アイピース&自作バローレンズ

2015年10月23日 (金曜日)

ファインダー調節金具 自作(KT-10用)

オルヴィスのKT-10、長いこと、ファインダーの調節に悩まされてきた。
大口径の望遠鏡なら、それ相応の口径5㎝くらいのファインダーが付いているので、
それクラスになれば、ファインダーの調節装置がちゃんと付いている。
しかし、KT-10のように、小さなファインダーだと、まぁお手上げというのが
普通だろう。
特に、このKT-10のような小型の望遠鏡だと郊外へもっていくには好都合、
そして酒を飲み酔っぱらった頃に
天候が良くなり、
さぁ、観測しようと
ファインダーがうまく調節できない…というのが通常である。

そこで、今回、覚悟を決めて、じっくりと作ってみた。
作ったものを装着したのが下の写真↓

3

部品の分解した写真は、これです。↓

Dscf3673

向かって左から収納具、コイルバネ(線径0.5mm、外形寸法4mm)、可動ピン(1.4mmのロット線)、
そして一番右が6mmのネジです。

組み立ては、収納具の下面(6mmのメスネジが開いている)の方から
可動ピンを入れ、次にコイルバネを入れて6mmのネジで蓋をします。
この状態で、中のコイルバネで可動ピンが押し出され、保っています。
更に、収納具の先端には、5mmピッチ0.8の雄ネジがダイスで切ってありまして、
中央に1.5mmのバカ穴が開いてあります。
そういう構造なので、
ファインダーに取り付けた時、
可動ピンが一番長い状態で保持され、
あとの2つのネジを緩めたり締めたりすると、
ファインダーが動ける仕組みになっています。

これで、実際の風景で見たら、動作が少しぎこちなかったので、
他の2か所のネジも5mmの長いネジに
替えましたら、
スムーズに動きました。

セットで付いてきた短いネジは
調節には不向きで、
長めのものに替えた方が賢明です。

製作にあたっては、可動ピンの座金部分も私の手作りで、
1.5mmの穴の開いたワッシャを作り1.4mmロット棒に
旋盤でお椀型に削り、それを穴に入れてカシメました。
なので、全て家に落ちてた材料で手作り、
材料費0円での製作です。
しかし、何せ手間が大変だった。
収納具の中心に1.5mmの穴を開けるのも、
鉄ですから、旋盤で開けたら通常は折れるでしょうし、
例え開けられたとしても
細すぎてセンターが曲がる可能性大です。
ですから、センター出しをしたら、ボール盤で開けました。

今回は、試作という事で、家にあった鉄材で作りましたので
錆防止のため、マジックで黒塗りしましたが、
もう設計は完璧なので、快削真鍮の丸棒で本格的に
作り直そうと思っています。
後日またブログに載せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日曜日)

O-Ⅲフィルターの問題点(惑星観測)

O-Ⅲフィルターを取り付ける部分まで、昨日作り、
昨日の夜中、晴れてきたので
早速、木星を見てみた。

しかし、ダメだ、縞模様が薄らいでいる。
どうやら、アイピースの前にフィルターを置く
従来の方法では、このフィルターは使えない。
先日、アイピースの後方に、手で宛がって
見た時は、もの凄く微細な模様まで
はっきり、くっきり見えた。

これは、アイピースの後方にフィルターを
置くように作り替えないと意味がない。
しかし、アイピースの後方に
仮に置けたとしても、今度は
視野がもの凄く狭くなる。

今まで、8倍バローレンズによって
OR25mmで48倍の広角のままで
8倍の384倍にすることで
明るく、シャープで、視野が広いという
願ったり叶ったりの観測ができた訳だが
フィルターの置く位置で、完璧に視野が1/4くらいまで
狭くなってしまう。

これはかなり辛い。

8倍バローレンズは、24.5サイズに
作ったものだから、どの道を通っても
視野の確保は難しい。

と言う事は、O-Ⅲフィルターは
使えないという事になる。。。

あとは、2インチサイズの8倍バローでも
今後作れば話は別になるが、
そんなでかいレンズは、廃物利用で製作するには
ちょっと無いだろうなぁ???
どこかに捨ててないものか?

振り出しに戻ってしまった。
仕方ない、また、考えよう。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土曜日)

31.7→24.5変換アダプター改良

Dscf2406


上の写真にあるように、変換アダプターを改良しました。
これは、元々、カメラの透明フィルムケースが、31.7サイズなので、
それを利用して、作ったものに、31.7サイズのアイピースの
ドロチューブに入る部分が、フィルムケースの内径に
ピッタリだったので、差し込んだだけです。

以前作った8倍バローレンズを使い、24.5サイズの
低倍率アイピースを使って385倍の惑星観測を
していましたが、どうにも口径25cmでは
明るすぎて、惑星本体の模様がはっきり見れません。

そこで、星雲観測用のO-Ⅲフィルターを使って
惑星観測をしましたら、木星など
詳細な模様が、はっきりと見えるので
是非、フィルターを挿入できる変換アダプターを
新規に作らねば…と思っておりました。

しかし、灯台下暗し。。
作らなくてもぴったりの部材が
あったのですね。
これで、フィルターも、ネジで固定できますから
非常に安心で像も安定。

1つ案件は、一件落着です。

今後は、まだまだ、やり残しがあります。
太陽専用の望遠鏡が、中途半端になっているので、
これも、簡単にできる方法
廃物利用で全部作りたいと思っています。
さて、これから銭湯へ行って
サウナとか長風呂しながら、構造を考えよう…。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木曜日)

続、8倍バローレンズの光軸修正

この前の、うまくいきました。
数日前、土星と火星を見ました。
480倍にて。

土星は、環の根元までクッキリ見えて
本体の模様までよく見えました。
今は、まだ、環が薄いですが
環が厚くなってきたら、カッシニ空隙以外にも
見えるのではないか?という感じの
シャープな見え味。
像の視直径は、おおよそ3cm、
とにかくよく見えた。

火星も接近からは遠のいたが
表面の模様が、極冠と共に
大きく見えました。
こちらの視直径は、
土星の半分の1.5cm~2cm程度。

480倍でも、シャープに明るく見えると
うれしいもんですね!
特に、自分で作ったバローレンズだから
思い入れも、あるし
旋盤で、ビシッとセンターを出したので
以前よりも像が、鮮明でシャープになり、
本当に、嬉しいです。

そのバローレンズ関係の画像は
バローレンズ関係の画像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月曜日)

8倍バローレンズの光軸修正

2010_05030002


甥っ子が遊びに来て、望遠鏡で星を見てたが
8倍バローレンズの光軸を狂わせてしまった。
元々、簡単に廃物利用で作ったバローレンズなので、
この際、ちゃんと光軸を保たせようと、
木材片を旋盤で繰り抜き、バローレンズの収納ホルダーを
作成した。

今日は休みなので、午前中に
集中して、作業ができた。

木材は、以前、光軸修正アイピースを作る事で
勘合に関しては、もの凄くよくフィットする事も
知っていたので、慣れていたから
上手く作れた。

ここにレンズをはめると、
動かないし、取れない。
またホルダーを収納する際にも
全くガタがないし、旋盤で軸が寸ぷん狂いも無く
出ているので、これで、土星や火星を見たら
さぞかし、凄い像になるだろうと
期待している。
今までよりも軸がドンピシャンなので、
早く夜が来ないかなぁ?と待ち遠しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木曜日)

2インチアイピース、何とか作ったぁ。。。

Photo


今日、晴れてる、快晴だ。何とか、2インチアイピースを
作って覗いてみたいと、午後に、旋盤で加工し始め、
インスタントコーヒーの蓋、芋焼酎のプラスチック容器の飲みきりサイズの
蓋などを利用して、完全廃物利用で2インチアイピースが
完成しました。

この前作った状態では、焦点距離が足りなかったので、
そういう廃物利用で、アンコにしたのです。

この芋焼酎の飲みきりサイズの蓋って
2インチサイズにピッタリですよ!
ビックリしました。
結構、使えるなぁ~って思いましたね。

私は、常に、「丸い物、丸い物~!!」と
丸い物は、何でも捨てずに、保管しておくのです。
たとえ、今使えなくても、必ずそれを必要とする日が
来ます。
この焼酎の蓋は、去年の桜の時期に、
花見をしようと思って、99円ショップで、飲みきりサイズの
芋焼酎を買って飲んで、その入れ物ごと
洗って保管しておいたのです。
入れ物は、蓋とネジ形状でつながっていますから
あとは、底に穴を開けたり、すれば良い訳で、
今回は、長すぎるので、入れ物部分は、途中で切断し、
それが今度インスタントコーヒーの蓋にピッタリサイズ。
インスタントコーヒーの蓋は、旋盤で穴を開け
中繰りして、2インチサイズが入るように
整えました。

以下は、その構造です。

Photo_3


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土曜日)

2インチアイピース製作

以前、35mmのオルソーを
アメリカンサイズで作ったが、それを2インチサイズに
変更しようと思い、今日、作業をした。


2010_04030001_3


旋盤で、2インチのホルダーに合うように
削りだしをした。

そして、レンズを入れて組み立てた。

2010_04030008_2

さて、昼間、それで風景を見たら
確かに、視野が広くなり、これは良い!と
思ったものの、焦点が、少しだけ
足りない。。。。。。

もう少し長くしないと
焦点が合わない。
間隔管を入れてみたが、
ほんの少しだけ良くなったけど、
まだまだだ。

今度、延長スリーブを作るか?
2インチサイズで鉄を利用したら
コストがかかるから、
木材を利用して、延長管を作り
それをつなげば、確実に焦点が合う。

今度、やり直しします。
でも、確実にできる。
乞うご期待!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水曜日)

エコアイピースにゴム見口を取り付け

エコアイピース、これはかなり使える。
まだ、月面は見ていないが、
土星にはかなり良い。
また、反射望遠鏡に向いているアイピースだ。

これを更に使い易くしようと、
見口を付けた。


2009_05200002


以前、知り合いから貰ったレンズの中で
ビデオカメラのファインダー用になっていた
レンズがあって、それは、そのままF30として
使っているものだが、そこに付いていたゴムの
見口をエコアイピースにあてがってみたら、
丁度良い感じだったので、付け替えた。

このエコアイピースは、ペットボトルの
白いキャップを利用したので、
光が反射して、多少影響があったが、
この黒のゴム見口を付けたら
光が反射しなくなったので、
都合が良い。

| | コメント (0)

2009年5月15日 (金曜日)

携帯電話カメラレンズの自作アイピースの修正して、完成!

焦点距離2.5mmアイピース
アイピース形式は、不明。

2009_05150001

今日、旋盤を午前中に自分で直して、軸調整も完璧にさせたので、
先日作ったアイピース、焦点距離が合っていなかったので、
今日、修正して完成させた。(上記写真)

ペットボトルの蓋部分は、そのまま生かし
全長を縮めた形だ。
また、概観の木材に内外に黒塗装!(これは、黒マジック)

そして、昼間、外の遠方の景色を見た。
計測して、約2.5mm。
以外にも良く見える。ちょっと視野は狭いが
でも、高倍率ならば、この程度の視野だろう。

短焦点反射(焦点距離500mm)で
200倍になる計算だ。
これは、使う用途がある。

もし、要らない携帯電話があって、作って欲しい場合には、
加工代だけで、お作りしても構いません。
但し、何mmの焦点距離になるかは
わかりませんが、自分の使っていた携帯を捨てる前に
思い出にでもして、保存しておくのもまた、良いかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水曜日)

携帯電話のカメラレンズの自作アイピース製作記

とりあえず、今日、時間があったので、
作ってみた。
完成品は、これです。
2009_05130006

まず、今回も廃物利用で、材料費0円。
この前作った光軸修正アイピース同様、杉材を
使った。目元部分は、ペットボトルの蓋部分を使った。
また、レンズは、使わなくなった携帯電話のCCDレンズを
分解したものを利用。

製作記は、以下の通り。。。

2009_05130004


まず、上記写真のように、旋盤で
片側は、ペットボトルの蓋部分の中に収納できる寸法に
削り、反対側は、24.5mmサイズに削った。
そして、少しだけ段差を付けてレンズの収納スペースを確保。
以下の写真の通り。
2009_05130008


そして、あとは、大きく中繰り。
これで、収納後は、蓋を回して締めれば
固定される。
まぁ、簡単な構造で、旋盤を使っているので、
軸などもブレずに、真っ直ぐだ。

これで、あとは、木材部分は、
旋盤のチャックの汚れがついて
黒くなってしまったが、これは塗れば
問題ない。

そして、実視で望遠鏡につけて
覗いてみた。
ちょっと焦点に対し距離が足りないようだ。
ドロチューブの最短でも少し足りない。
5cm屈折は、自由に焦点を合わせられるので、
それで見たら、「うわぁ、大きくて、綺麗な像!!」

倍率的には、150倍くらいに見えました。
という事は、370mm÷150=約2.4mm

まぁ、大まかですが、焦点距離が2~3mm程度の
アイピースであることが判明しました。
厳密に計っていないので、定かでありませんが、
恐らく2~3mm。

ただ、まだ、25cmでは試していません。
25cmで試してから、使えれば、そのままにしますが、
もし、ドロチューブ内側で焦点が合うのならば
作り替えないといけません。

その時は、もう少し距離を縮めて
新しい杉材で、殆ど元まで2mm程度残して24.5に削り
蓋部分は、塩ビの板を使い、細穴を開けて蓋をするように
したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)